ベンダーがPAMのセキュリティアップデートを発表 | ScanNetSecurity
2020.11.29(日)

ベンダーがPAMのセキュリティアップデートを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社は、殆どのUNIXシステムにある認証セキュリティの主要インターフェースであるPAM(Pluggable Authentication Modules)に対するセキュリティアップデートの出荷を開始している。PAMのあるバージョンにお

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、ベンダー各社は、殆どのUNIXシステムにある認証セキュリティの主要インターフェースであるPAM(Pluggable Authentication Modules)に対するセキュリティアップデートの出荷を開始している。PAMのあるバージョンにおいて、シャドウパスワードファイルにあるパスワードフィールドに「*」を入力して無効に設定されているアカウントを処理する機能に脆弱性が報告されている。この「*」はログオンを防ぐために一般的に使用されている文字である。「*」をパスワードとして持つアカウントが空白のパスワードとして扱われるため、攻撃者がそれらのアカウントへのアクセスが可能になる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【11:49 GMT、10、18、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×