Prometheusのアプリケーションフレームワークにリモートコード注入バグが存在 | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

Prometheusのアプリケーションフレームワークにリモートコード注入バグが存在

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、攻撃者が、Jason OrcuttのPrometheusアプリケーションフレームワークに対し、リモート操作によって任意のPHPコードを注入できることが判明した。この脆弱性の悪用は、深刻な問題の発生につながる。Prometheusフレーム

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、攻撃者が、Jason OrcuttのPrometheusアプリケーションフレームワークに対し、リモート操作によって任意のPHPコードを注入できることが判明した。この脆弱性の悪用は、深刻な問題の発生につながる。Prometheusフレームワークを基本とするアプリケーションを利用している場合は、ただちに対策を講じる必要がある。攻撃者は、前述の脆弱性を利用して、ウェブサーバーの特権のもとで任意コマンドおよび悪意あるプログラムをリモートで実行できる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【03:27 GMT、10、15、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×