「ebXML MS 2.0」に対応した企業間ビジネス連携基盤ソフトを発表(NEC) | ScanNetSecurity
2021.08.03(火)

「ebXML MS 2.0」に対応した企業間ビジネス連携基盤ソフトを発表(NEC)

 日本電気株式会社(NEC)は、Webサービス対応やセキュリティ機能の強化を図った企業間ビジネス連携基盤ソフトの最新版、「ActiveGlobe BizEngine(アクティブグローブ ビズエンジン)Ver2.1」を発売した。同製品は、Webサービスを活用して行なう複数の企業・部門間での

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 日本電気株式会社(NEC)は、Webサービス対応やセキュリティ機能の強化を図った企業間ビジネス連携基盤ソフトの最新版、「ActiveGlobe BizEngine(アクティブグローブ ビズエンジン)Ver2.1」を発売した。同製品は、Webサービスを活用して行なう複数の企業・部門間でのビジネス連携や電子商取引を高セキュリティ環境下で実現するもの。2.1では企業間電子商取引に関する最新標準仕様「ebXML MS 2.0」にいちはやく対応したほか、企業間取引のセキュリティ強化を実現するProxyがオプションで用意されている。価格は本体が260万円〜、Proxyが90万円。11月1日より出荷予定。

http://www.nec.co.jp/press/ja/0210/0701.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×