9月のコンピュータウイルス届出状況を公表(情報処理振興事業協会) | ScanNetSecurity
2020.11.27(金)

9月のコンピュータウイルス届出状況を公表(情報処理振興事業協会)

 情報処理振興事業協会(IPA)は、9月のコンピュータウイルス届出状況を公表した。9月の届出件数は1193件で、これは5月の半分にあたり、2002年では最少の届出件数となった。また新種ウイルスの届出もなかった。ただ、W32/Klezウイルスの届出はそのうち727件もあり、依然

製品・サービス・業界動向 業界動向
 情報処理振興事業協会(IPA)は、9月のコンピュータウイルス届出状況を公表した。9月の届出件数は1193件で、これは5月の半分にあたり、2002年では最少の届出件数となった。また新種ウイルスの届出もなかった。ただ、W32/Klezウイルスの届出はそのうち727件もあり、依然として猛威を振るっている状況には変わりがない。協会では、WindowsXPやIEなどのセキュリティホールが度々発見されていることから、それらを悪用した凶悪なウイルスがいつ現れても慌てないように、油断することなくウイルス対策を続けるよう奨励している。

http://www.ipa.go.jp/security/txt/2002_10outline.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×