Mandrake 9.0の全ユーザー書き込み可能ファイル及びディレクトリー脆弱性の暫定処置 | ScanNetSecurity
2021.10.22(金)

Mandrake 9.0の全ユーザー書き込み可能ファイル及びディレクトリー脆弱性の暫定処置

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Mandrake 9.0 (ベータrc2)の不正なファイル及びディレクトリファイルアクセス権を防止または修正する暫定処置が発表された。この勧告は、ソフトウェアのベータバージョンに影響することに注意する。ベンダーには通知

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Mandrake 9.0 (ベータrc2)の不正なファイル及びディレクトリファイルアクセス権を防止または修正する暫定処置が発表された。この勧告は、ソフトウェアのベータバージョンに影響することに注意する。ベンダーには通知が行われているため、リリースバージョンではこの問題が修正されることを期待するが明確な対応はまだ発表されていない。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【15:59 GMT、09、12、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×