Mac OS X Serve のセキュリティ措置(1) | ScanNetSecurity
2021.01.16(土)

Mac OS X Serve のセキュリティ措置(1)

 本文書は Mac OS X 1.0 - 1.2 プラットフォームのセキュリティ措置について概説する。Mac OS X Server (OSXS) は極めて独創的且つ安全な環境を保持しており、その基本措置はより安全なコンピューティング環境を構築するのに役立っている。ワシントン州立大学(WSU)キ

国際 海外情報
 本文書は Mac OS X 1.0 - 1.2 プラットフォームのセキュリティ措置について概説する。Mac OS X Server (OSXS) は極めて独創的且つ安全な環境を保持しており、その基本措置はより安全なコンピューティング環境を構築するのに役立っている。ワシントン州立大学(WSU)キャンパス・ネットワーク上で Mac OSXS を稼動する全ての人たちはそのセキュリティ措置を講ずる必要がある。

 ここで概説する措置は、研究室環境に Mac サービスを提供する Mac OS X Server に基づいている。また、他の構成に対しても機能するよう、それらの措置を変更することも可能だ。本文書の目標は、Mac OS X Serve に適用されるセキュリティ措置の例を提示することだ。サービスはサーバによって異なるが、必須のサービス・オプションは殆どの構成に適用されている。時間の経過や方法の多様化に伴い、それらのオプションは緻密に構成され、レベルの高い保護の提供が可能になってきた。しかし、全てのセキュリティ措置と同様、入念にアプリケーションのアップデートやログのチェックなどを行い、慎重な態度で取り組む必要がある。

 Web 上には様々な BSD セキュリティに関する文書があり、Mac OSXS は Mach カーネルおよび BSD UNIX に基づいている。Mac OSXS に関する殆どの関連情報は、それらの文書から寄せ集めたものだ。以下にそれらをまとめて記述する。

注: このページの再訪を勧める。Mac OS X はバージョン・アップしているので、サーバおよび新しい OS X のアップデートがリリースされている。

 ここに挙げられた全てのサービスは、Mac OS X Server 1.2 が稼動する Macintosh G4 でテストされた。私は前述の措置をインストールし、設定した。全ての Mac OSXS マシンを最新バージョン 1.2 にアップデートすることを推奨する。この Web サイトからそのアップデートを入手することはできない。Apple から CD を入手すること。


サーバの考察

 Mac OSXS のデフォルト・インストールの後、マシン上で様々なサービスが利用可能であることを確認且つチェックし、そしてどのサービスを有効にするのかを決定すること。O'Reilly & Assoc の Essential System Administration のコピーをまだ持っていない場合は、それを入手すること。Essential System Administration を入手することは、極めて有用なコンピュータ投資となるだろう。その本は、UNIX システムの基本的なシステム管理についての考察が記述されており、UNIX システムを設定する方法およびそのようなサーバを稼動する際に必要な基本事項が説明されている。


[情報提供:SecureMac]
http://www.securemac.com/

[翻訳:関谷 麻美]


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★ ( FB ログイン可) 会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×