Linuxベンダー各社はKonqueror Web Browser のSSL 問題をパッチ | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.18(日)

Linuxベンダー各社はKonqueror Web Browser のSSL 問題をパッチ

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Linuxベンダー各社は Konquerorが使用するライブラリファイルのセキュリティアップデートを出荷し、偽または不正なSSL証明書が認証を許可してしまう問題をパッチした。オープンソースのウェブブラウザとしても機能する。当該問題では、中間証明書に署名の許可が与えられているか正しく認証されなかったため、Konquerorが Verisignが認証したものとして許可する証明書を、Verisign SSL証明書を持つ誰もが作成することが可能となっていた。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:49 GMT、09、01、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×