【詳細情報】AOL の料金支払センターを装う「Cardst」トロイの木馬 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.17(火)

【詳細情報】AOL の料金支払センターを装う「Cardst」トロイの木馬

国際 海外情報

◆概要:
 Cardstは新種のJavaScriptベースのトロイの木馬である。Cardstは、電子メール経由でユーザーに送信される HTMLページ、あるいは悪意のあるウェブサイトにホストされるHTMLページを介して、AOLの料金支払センターを装う。一旦 上記HTMLページがロードされると、ユーザーにクレジットカード、住所、電話番号、その他AOLのような組織が収集する料金請求データと同様のデータの入力を促す。ユーザーがフォームを提出すると、データはリモート攻撃者に送信される。


◆情報ソース:
・F-Secure Corp. ( http://www.f-secure.com/v-descs/cardst.shtml ), Aug. 21, 2002

◆キーワード:
 Trojan: Backdoor Trojan: Password stealing

◆分析:
 (iDEFENSE米国)電子メール経由でユーザーに送信されるHTML形式のウェブページや、セキュアな接続を使用していないサイトにおいて、機密情報は絶対入力すべきではない。

◆検知方法:
 AOL料金支払センターを装うHTML形式の電子メールやウェブページがないか確認する。また、セキュアなサイトであることを確認するため、鍵の記号が表示されていること、及びアドレスボックス内に正当なAOLのアドレスが記載されていることを確認する。

◆リカバリー方法:
 攻撃で盗まれた可能性のある全てのデータに関連する組織・団体に連絡する。これらには、クレジットカード会社、銀行、地方自治体が含まれる。また、全てのパスワードを変更し、コンピューターの攻撃への対策を強化する。

◆暫定処置:
 インターネットブラウザに鍵の記号が表示されていること、及びインターネット経由で通信する組織のインターネットアドレスが正しいものが表示されていることを確認する。また、通信が疑わしいあるいは心配な場合には、従来の手法(電話など)を用いてその組織に連絡する。

◆ベンダー情報:
 現在、F-Secure社のアンチウイルスソフトウェアで、この新しい悪意のあるプログラムへの対応が可能である。また、他のアンチウイルスソフトウェアも、経験則を用いてこのCardstを検知できる可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【16:25 GMT、08、22、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×