Sabre Desktop Reservationソフトウェアのバグを攻撃するとクラッシュが発生 | ScanNetSecurity
2021.06.21(月)

Sabre Desktop Reservationソフトウェアのバグを攻撃するとクラッシュが発生

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Sabre社のSabre Desktop Reservationソフトウェアで発見されたバグをリモート攻撃すると、Sabreクライアントを実行する手動または自動のチケット発行システムをクラッシュさせることができる。クライアントアプリケー

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Sabre社のSabre Desktop Reservationソフトウェアで発見されたバグをリモート攻撃すると、Sabreクライアントを実行する手動または自動のチケット発行システムをクラッシュさせることができる。クライアントアプリケーションは、TCP/UDPポート1001経由でローカルのSabreゲートウェイに接続する。問題は、任意のデータがこのポートに送信されると、クライアントおよびゲートウェイは通常1分内にクラッシュすることである。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【13:12 GMT、08、26、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×