プロファイリングツール「PrisonMEMO」に不正中継確認機能を強化 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.17(水)

プロファイリングツール「PrisonMEMO」に不正中継確認機能を強化

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 株式会社バガボンドは、同社が販売するオリジナルプロファイリングツール「PrisonMEMO」のメール不正中継確認機能を強化した、バージョンアップ版を発表した。

 昨今、スパム規正法とも呼ばれる、電子メールの不正中継に関する規制が厳しくなっている。一方で、不正中継をチェックする簡便なツールがなかった。

 PrisonMEMOは、TraceRouteやWHOIS検索など、システム/ネットワーク管理者が日頃行わなければならない煩雑な作業を、一括で処理可能なツール。今回発表されたバージョンでは、メールサーバが適切に設定されているかどうかをチェックする、不正中継確認機能がさらに強化されている。

 また、自身が利用するサーバの状況を手軽に確認でき、その確認方法は20パターンある。最終的には、実際に不正中継させてメールを送信することが可能なため、適切な設定であるかどうかを確認することができる。PrisonMEMOの価格は4,000円(税別)。


PrisonMEMOの詳細
http://vagabond.co.jp/c2/scan/products/sale_pmemo.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×