【詳細情報】ロシアのウイルスクラブがメールマガジンRing0第2号を発行 | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

【詳細情報】ロシアのウイルスクラブがメールマガジンRing0第2号を発行

◆概要:  2002年7月16日、Siberian Bears Virus Club(SBVC)がウイルスメールマガジンRing0、"INOZ"("In the Name Of Zero"(ゼロの名において))の第2号を発行した。Ring0の第1号は2001年11月に登場した(ID# 108268, March 26, 2002)。最新号の記事は以下の通り

国際 海外情報
◆概要:
 2002年7月16日、Siberian Bears Virus Club(SBVC)がウイルスメールマガジンRing0、"INOZ"("In the Name Of Zero"(ゼロの名において))の第2号を発行した。Ring0の第1号は2001年11月に登場した(ID# 108268, March 26, 2002)。最新号の記事は以下の通り。

・The Zero Ring in Windows operating systems(Windowsオペレーティングシステムのゼロリング)(SBVC著)
・Infecting files of various types(様々な種類のファイルへの感染)(VDxGrouP著)
・VRPC: Viral Remote Procedure Call(仮想リモートプロシージャコール)(SVBC著)
・Conceptions of the undetected virus(検知されないウイルスの概念)(Rammus著)
・The Application of Artistic Intellect in Computer Viruses (Genetic Algoritms)(コンピューターウイルスへの人工知能の適用(遺伝的アルゴリズム))(KrugliyKvadrat、SBVC共著)
・Six steps to permutation(組み合せの6つのステップ)(SBVC著)


◆情報ソース:
 iDEFENSE Intelligence Operations, July 22, 2002
 Siberian Bears Virus Club (http://sbvc.host.sk), July 16, 2002

◆分析:
 (iDEFENSE米国)かつてSBVCは多数のウイルスをウェブサイトに掲示していたが、2002年始めにベストなウイルスを削除し、「最も単純なもの」だけ残した(ID# 108269, Mar. 26, 2002)。2002年7月22日に確認したところ、SBVCウェブサイトの一般にアクセス可能な箇所には、ウイルスは全く掲示されていなかった。

 今後のiDEFENSEのレポートで、これらの記事のいくつかを詳細に検証する予定である。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【18:35 GMT、07、22、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×