VMware 社のGSX Serverバッファオーバーフローの修正が入手可能 | ScanNetSecurity
2021.03.05(金)

VMware 社のGSX Serverバッファオーバーフローの修正が入手可能

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Vmware社は、リモート攻撃が可能なVMware GSX Serverアプリケーションのバッファオーバーフローの修正をリリースした。GSX ServerのAuthentication Daemon (TCP ポート902) のGLOBAL コマンドで最低500文字を指定する

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Vmware社は、リモート攻撃が可能なVMware GSX Serverアプリケーションのバッファオーバーフローの修正をリリースした。GSX ServerのAuthentication Daemon (TCP ポート902) のGLOBAL コマンドで最低500文字を指定すると、バッファオーバーフローが発生する。この悪用コードは、"x_adrc" パスワードに "x_adrc" という管理者アカウントを自動的に追加して、telnet サービスを有効にする。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【16:54 GMT、07、26、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★
★★会員限定記事、週 1 回のメルマガ、人気ニュースランキング、特集一覧をお届け…無料会員登録はアドレスのみで所要 1 分程度 ★★

登録すれば、記事一覧、人気記事ランキング、BASIC 会員限定記事をすべて閲覧できます。毎週月曜朝には一週間のまとめメルマガをお届けします(BASIC 登録後 PREMIUM にアップグレードすれば全ての限定コンテンツにフルアクセスできます)。

×