efstoolユーティリティのバッファオーバーフローが存在し、悪用コードが公開 | ScanNetSecurity
2021.06.14(月)

efstoolユーティリティのバッファオーバーフローが存在し、悪用コードが公開

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、MandrakeSoft社およびSlackware Linux社のLinux配布パッケージに含まれているefstoolユーティリティに存在するバッファオーバーフローをリモートで悪用すると、攻撃者が目標となるLinuxベースのホストでより高い特権

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、MandrakeSoft社およびSlackware Linux社のLinux配布パッケージに含まれているefstoolユーティリティに存在するバッファオーバーフローをリモートで悪用すると、攻撃者が目標となるLinuxベースのホストでより高い特権を取得できる。この脆弱性は、攻撃者がユーティリティを実行する際に3000の任意の文字を渡した場合に発生する。悪用により、目標となるホストがクラッシュする。さらに、悪意を持って構造化されたバッファにデータが渡されるとコードの実行も可能となる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【15:08 GMT、07、02、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×