最新のActive! Mailが悪意のあるスクリプト実行を防止するバージョンを発表 | ScanNetSecurity
2022.11.29(火)

最新のActive! Mailが悪意のあるスクリプト実行を防止するバージョンを発表

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、TransWare社のActive! Mail電子メールアプリケーションの最新バージョンには、受信した電子メールに埋め込まれている悪意のあるコードの不正実行を防止する修正が含まれている。Active! Mailは、特定の電子メールヘッ

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、TransWare社のActive! Mail電子メールアプリケーションの最新バージョンには、受信した電子メールに埋め込まれている悪意のあるコードの不正実行を防止する修正が含まれている。Active! Mailは、特定の電子メールヘッダーにHTMLタグが含まれている場合に、メッセージを正しく変換しないで表示してしまう。尚、当該記事の掲載時点では、これ以上の情報は入手することができない。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【14:42 GMT、06、14、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★
★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★

2022年10月12日(水)~11月30日(水) の間 ScanNetSecurity 創刊24周年記念価格で提供。

×