ECS K7S5Aのメインボード問題がブートメディアの不正変更を許可 | ScanNetSecurity
2021.11.27(土)

ECS K7S5Aのメインボード問題がブートメディアの不正変更を許可

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Elitegroup Computer Systems社のK7S5Aメインボードが使用しているBIOSにある問題により、メインボードが搭載されているコンピューターへの物理的なアクセスを持つユーザーがブートメニューにアクセスすることが可能

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Elitegroup Computer Systems社のK7S5Aメインボードが使用しているBIOSにある問題により、メインボードが搭載されているコンピューターへの物理的なアクセスを持つユーザーがブートメニューにアクセスすることが可能となる。攻撃者がこの問題を悪用すると、インストールするオペレーティングシステムによって施されているセキュリティ機構をバイパスすることが可能となる。これにより、コンピューターに保存されている任意のデータに対するセキュリティが緩和されてしまう。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスについて
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【16:42 GMT、05、31、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×