HTML_GodwillはMicrosoft OutlookとInternet Explorerを悪用 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

HTML_GodwillはMicrosoft OutlookとInternet Explorerを悪用

国際 海外情報

◆概要:
 HTML_Godwillは、電子メールファイルやリモートウェブサイトからのHTMLウェブページのレンダリングに対するHTML攻撃である。このHTMLページがロードされると、マイクロソフト社Internet Explorer 5.5及びOutlookに存在するActiveXの脆弱性を悪用する。通常、HTML_Godwillは、OUTLOOKJS.CLASSを含む997バイトサイズの添付ファイル付き電子メールを介して拡散する。脆弱なInternet Explorer 5.5を持つコンピューターのOutlookで、感染ファイルがレンダリングされると、HTML_Godwillは悪意コードをインストールする。

◆別名:
HTML_GODWILL.A, Godwill.A, Godwill, Downloader-X.ldr, JAVA_GODWILL.A

◆情報ソース:
・ Trend Micro Inc.
( http://www.antivirus.com/vinfo/virusencyclo/default5.asp?VName=HTML_GODWILL.A&VSect=T ), May 22, 2002

◆分析:
 (iDEFENSE米国)現在、このコードに関する情報は殆ど未公開である。Goodwillはバックドア型トロイの木馬プログラムである。これは脆弱なコンピューターにGoodwillをインストールするものである。

◆検知方法:
 997バイトサイズ以上でOUTLOOKJS.CLASSオブジェクトを含むHTML形式の電子メールを確認する。

◆リカバリー方法:
 HTML_Godwillに関連する全ファイルを削除し、破壊・破損したファイルをクリーンなバックアップコピーで修復する。

◆暫定処置:
 この種のファイルをブロックするよう電子メールサーバーとワークステーションを設定する。すべての新ファイルを慎重に扱い、経験則を用いる最新アンチウイルスソフトウェアでスキャンする。全ソフトウェア、特にマイクロソフト社製品に対し、積極的に修正プログラムを適用する。

◆ベンダー情報:
 現在、トレンドマイクロ社のアンチウイルスソフトウェアが、このコードへの対応が可能である。また、他のアンチウイルスソフトウェアも、経験則を用いてこのHTML_Godwillを検知出来る可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【17:47 GMT、05、23、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×