【日々変化するセキュリティの「常識」YES/NOクイズ<第7回>】 今週のテーマは「 NetScape 」と「 Becky! 」 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

【日々変化するセキュリティの「常識」YES/NOクイズ<第7回>】 今週のテーマは「 NetScape 」と「 Becky! 」

特集 特集

( Scan Incident Report との合同企画)
http://shop.vagabond.co.jp/m-sir01.shtml

 日々、新しい製品や概念が生まれ、いとまなく変化と膨張を続けるインターネットの世界。当然、セキュリティ分野においても、昨日まで「常識」であったことが、ある日を境に「非常識」になる、といったことは日常茶飯事であり、企業においてシステム管理する側にとっては、その都度の社内通達を余儀なくされていることだろう。
 そこで編集部では、あえて浸透率の高い日常的なツールやシステムにスポットをあて、YES NO の二択クイズ形式にしてみた。自身で再確認するとともに、社員のリテラシー調査等で活用してはいかがだろう。
 さらには、実際に読者の皆様にクイズに参加していただいて正解の統計をとり、次号でクイズの解答とその理由、そして正解率を明らかにしたい。


      ※※※ クイズの解答はこちらにどうぞ ※※※
                  ↓
      http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/sq/index.cgi



      今週のテーマは「 NetScape 」と「 Becky! 」


 現在、ブラウザ利用シェアにおいては、前回まで取り上げていたInternet Explorer (IE5、IE6 )が一歩も二歩もリードしているといえる。しかしながら NetScape に愛着を持ち、利用を続ける人がいることも確かだ。また、この先、大手ISPが専用ソフトのブラウザをNetScape に乗り換える、ということになれば状況が一変する可能性もあり、一概にブラウザ戦争が終結した、とみなすことはできない。システムを管理する側は、日がな変化する状況を分析し、その時その時でどのソフトを導入するのがベストかを吟味する必要があるだろう。
 メールソフトに至っては、くだんのプレビュー機能でウイルス感染を招いたOutlook Express に危惧を抱く人もあり、圧倒的な一人勝ち、という状況ではない。規模の小さいメーカーであっても良質なソフトを生み出せば、健闘することも充分可能である。
 今回のクイズはNetScape をメインに、そして次回の出題時は「Becky!」そして「Eudra 」をメインにお送りする。皆様ふるってご参加いただきたい。

※ なお、YESは「安心」、NOは「安心できない」という意味で考えてほしい。


【設問1】
 『Netscape のウェブブラウザ Netscape Navigator の場合、サイトを見ただけで被害を受けることがある』
               YES or NO?

【設問2】
 『日本語版のNetscape Communicator 4.78 は最新版なので、致命的なセキュリティホールはない』
               YES or NO?

【設問3】
 『Netscape を使っていれば、クロスサイトスクリプティングの脆弱性によりcookie が漏洩してしまう恐れはない』
               YES or NO?

【設問4】
 『Netscape はActiveX が標準では実装されていないので、ローカルファイルが直接外部に漏洩してしまうようなセキュリティホールはない』
               YES or NO?

【設問5】
 『Netscape はIE と違って、コンポーネント化されておらず、Web 表示のエンジンとして使うことはできない』
               YES or NO?

【設問6】
 『最新のNetscape6.x を使っていれば、IEと違ってセキュリティホールを気にする必要はない』
               YES or NO?

【設問7】
 『Netscape のメールソフトMessengerは、デフォルトでHTMLメールを送る』
               YES or NO?

【設問8】
 『Netscape Messenger を使っていれば、メールを見るだけで感染するようなウイルスに侵される恐れはない』
               YES or NO?

【設問9】
 『NetScape Communicator 4.78 では、Web を見ただけで異常を起こすような脆弱性はない』
               YES or NO?

【設問10】
 『Becky! を使っていると、メールを見ただけで異常を起こすような脆弱性はない』
               YES or NO?


      ※※※ クイズの回答はこちらでどうぞ ※※※
                  ↓
      http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/sq/index.cgi

注)当クイズの正解は、2002年5月24日時点でのものです。


 次週は、上記設問のうち5問をピックアップし、解答、理由、正解率を述べて検証する。


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  2. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×