Solarisのツールに新しい4つの脆弱性が発見される | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.17(火)

Solarisのツールに新しい4つの脆弱性が発見される

国際 海外情報

◆概要:
 サンマイクロシステム社のSolarisオペレーティングシステムで4つのバグが発見された。これらのバグをリモートで利用すると、攻撃者はOSをクラッシュさせると同時にさらに高いレベルの権限で任意のコマンドを実行することが可能になる。

 1つ目の脆弱性は、lbxproxyで発見された。lbxproxyのマニュアルでは、「lbxproxyはクライアントの接続を受け入れ、単一接続を通じてこれらをXサーバーに多重接続し、低帯域幅と高待ち時間接続(あるいはその両方)によってより高速な通信を行うために、Xプロトコル上で各種の最適化を実行します」と説明されている。lbxproxyは、displayコマンドラインオプションに対する境界チェックが不完全なため、バッファオーバーフローに対して脆弱であるため、プロセスの段階でディスプレイ名がアプリケーション実行を変更される場合がある。

 2つ目の脆弱性は、admintoolで発見された。admintoolのマニュアルでは、「admintoolはグラフィックユーザーインターフェイスで、(管理ユーザーやグループなどの)複数のシステム管理タスクをローカルシステム上で達成することを可能にします」と説明されている。admintoolは、ローカルの利用が可能なバッファオーバーフローに対して脆弱である。バッファオーバーフローは、インストールパスに対する不完全な境界チェックが原因で発生する。このため、攻撃者はパスを作成しadmintoolに送信することで、任意のコード実行ができる。

 3つ目の脆弱性は、cachefsdで発見された。cachefsdは、インテリジェントな自動マウンターと同様、ネットワークファイルシステム(NFS)をマウントしたファイルパーティションに対するローカルファイルキャッシュを多層化する。TCPポート32775で実行されるcachefsdは、無効なプロシージャ呼び出しを適切に処理しない。そのため、リモート攻撃者は、cachefsdをクラッシュさせる呼び出しを送信することがある。4つ目の脆弱性は、ユーザーが実行するマウントに対する不完全な境界チェックが原因で発生する。攻撃者がこの脆弱性を利用して、ファイルを作成しcachefsd経由で処理させると、ルート権限を取得することができる。

◆情報ソース:
・ VulnWatch ( researchteam5@esecurityonline.com ), April 29, 2002

◆分析:
 (iDEFENSE 米国) 上述の3つのバッファオーバーフロー問題を利用すると、攻撃者は、影響を受けたアプリケーションまたはOSをクラッシュさせ、ターゲットプロセスの権限を用いて任意のコード実行することができる。

◆検知方法:
 1つ目の脆弱性は、Solaris 8のx86アーキテクチャのみに存在する。2つ目、3つ目、そして4つ目の脆弱性は、Solaris 2.6、7、そして8のsparcおよびx86アーキテクチャに存在する。

◆暫定処置:
 1つ目の脆弱性については、コマンド chmod -s /usr/openwin/bin/lbxproxyを使用してsetgidビットを削除する。

 2つ目の脆弱性については、コマンド chmod -s /usr/bin/admintoolを使用してsetuidビットを削除する。

 3つ目と4つ目の脆弱性については、RPCサービスがファイアウォールでブロックされるように設定する。そうでなければ、cachefsdを無効にする。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【19:09 GMT、04、30、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×