China Eagle Unionの意見衝突で今後の攻撃に拍車がかかる可能性 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.15(木)

China Eagle Unionの意見衝突で今後の攻撃に拍車がかかる可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、China Eagle UnionのリーダーTao Wan氏が下した、現時点では外国のウェブサイトを攻撃してはならないとする停戦命令に従った同グループ内部で何らかの意見衝突があるようだとのこと。一般メンバーの多くが今なお攻撃

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、China Eagle UnionのリーダーTao Wan氏が下した、現時点では外国のウェブサイトを攻撃してはならないとする停戦命令に従った同グループ内部で何らかの意見衝突があるようだとのこと。一般メンバーの多くが今なお攻撃を仕掛けたいと強く望んでおり、検討された攻撃対象は米国と日本のサイトである可能性が高いとのこと。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【17:41 GMT、05、09、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×