総務省の電子申請・届け出システムにセキュリティホール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.20(金)

総務省の電子申請・届け出システムにセキュリティホール

製品・サービス・業界動向 業界動向

 総務省は、同省の電子申請・届け出システムを利用すると自動的にPCにインストールされるシステム「INTERSTAGE FormCoordinator」にセキュリティ上の問題があり、利用者のPCのファイルが破壊されたり、データが盗まれる危険性のあると発表した。

「INTERSTAGE FormCoordinator」は、富士通の開発した部品であり、同社のページでもこの件に関するセキュリティ情報が掲載されている。

 この問題を回避するためには、関係するファイルを所定の手順で削除するか、更新する必要がある。
 すでに、このシステムを利用したことのある方は、早急に対処を行うことをおすすめする。

くわしい対処方法は、下記 URL で確認できる。


電子申請・届出システム又は電子申請・届出システム(体験システム)をご利
用された方へ
http://www.shinsei.soumu.go.jp/update/applet_alert.html

INTERSTAGE FormCoordinatorにおけるセキュリティの問題(2002.05.07)
http://software.fujitsu.com/jp/security/fjpatch/info/formcoor_200201.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×