IEの最新の修正プログラムは今なお2002年2月に公開されたコードの利用に対して脆弱 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

IEの最新の修正プログラムは今なお2002年2月に公開されたコードの利用に対して脆弱

国際 海外情報

◆概要:
 マイクロソフト社が同社のウェブブラウザー、Internet Explorer(IE)の累積修正プログラムの最新版で、2002年2月に公開されたコードが利用される可能性がある。

 2002年3月28日に公開された修正プログラムは、それまでのIEの既知の脆弱性をすべて修正した以外に、新たに発見された2つのバグも修正している(ID#108332, March 29, 2002)。問題は、最新のIEの修正プログラムをすべて適用したWindows XPのクリーンインストールでも、2002年2月に公開されたコードが利用される可能性があることである。

 2002年1月、"The Pull"として知られる人物がIEで表示したときにローカルアプリケーションを立ち上げることのできる、ウェブページに埋め込むコンセプト証明コードを発表した(ID# 106984, Jan. 16, 2002)。コードはMicrosoft JScriptスクリプト言語を利用してこれを実行した。IEのアクティブスクリプトを無効にすると、この利用を回避できる。しかしながら、2002年2月、GreyMagic Softwareは、JScriptではなくXMLを用いてコードを実行できる点だけが異なる同様のコンセプト証明コードを公開した。GreyMagicのデモは http://security.greymagic.com/adv/gm001-ie/ で参照可能(ID# 107837,March 1, 2002)。

◆情報ソース:
・ iDEFENSE Labs, April 02, 2002
・ The Register ( http://www.theregus.com/content/55/24500.html ),April 02,2002

◆分析:
 (iDEFENSE米国)攻撃者はこれを利用して、先に攻撃目標となるコンピューターにアップロードしたトロイの木馬プログラムを実行できる。コードを実行するには、攻撃者はコードの名前と場所を把握する必要がある。このような攻撃にはウェブページやHTML形式の電子メールメッセージが用いられる。

◆検知方法:
 Windows XPで動作するすべての修正プログラムが適用されたIEでこのコードの利用が可能である。

◆暫定処置:
 今のところ、Netscape Communications Corp.のNetscapeウェブブラウザーなど、別のウェブブラウザーをデフォルトのブラウザーとして使用することが唯一の暫定処置である。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
  アイディフェンス社の iAlert サービスについて
  http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
  情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【19:03 GMT、04、02、2002】
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

    ロシアが中印らと独自インターネット構築か、グローバルDNS分裂の危機を追う(The Register)

  2. どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

    どこかへ跳んでいけ、出来の悪いラビット(The Register)

  3. 米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

    米軍のSNSに対する膨大なスパイアーカイブ、AWS で数十テラ閲覧可(The Register)

  4. 死亡した男性のメールアカウントを巡るヤフーと裁判所の争い(The Register)

  5. 捜査中だった米大統領選に使用されたサーバのデータが消失(The Register)

  6. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  7. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

  8. インドのレジストリで情報漏えい、インドのネットを壊滅させるデータのビットコイン価格とは(The Register)

  9. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  10. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×