Word ActiveXオブジェクトを利用したDos攻撃誘発 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

Word ActiveXオブジェクトを利用したDos攻撃誘発

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、WordのVisual Basicスクリプトサポートで使われるActiveXオブジェクト作成に、欠陥が含まれている。現在、任意の数のWord ActiveXオブジェクトをメモリに作成する悪用スクリプトが公開されている。このスクリプトを使って十分な数のオブジェクトのコピーを生成すると、サービス拒否攻撃が誘発され、コンピューターのメモリーが不足してクラッシュする。幸いなことに、この問題が不正アクセスの原因になることはないようである。 しかし、このスクリプトを電子メールで送信したり、人気の高いウェブサイトに注入したりすると、広範なサービス拒否攻撃を実行できる可能性がある。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 アイディフェンス社の iAlert サービスは下記のURLよりお申込みいただけ
 ます
 http://shop.vagabond.co.jp/p-alt01.shtml
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【00:26 GMT、04、10、2002】

(詳しくはScan および Scan Daily EXpress 本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×