経済産業省に続き国土交通省、総務省でも配布ソフトにセキュリティホール | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.19(水)

経済産業省に続き国土交通省、総務省でも配布ソフトにセキュリティホール

 4月6日、国土交通省は、配布していた「オンライン申請用アプリケーション」に含まれるJava 2 Runtime Environmentにセキュリティ上の問題があることがわかったことを発表した。  続く4月7日、総務省でも配布している電子申請・届出システム(体験システム)に同様の問

製品・サービス・業界動向 業界動向
 4月6日、国土交通省は、配布していた「オンライン申請用アプリケーション」に含まれるJava 2 Runtime Environmentにセキュリティ上の問題があることがわかったことを発表した。
 続く4月7日、総務省でも配布している電子申請・届出システム(体験システム)に同様の問題があることを発表した。
 この問題は、4月5日、経済産業省電子申請システムが公表した問題と同じものである。

 この問題自体は、3月19日の時点でわかっていたことであり、大きく遅れたセキュリティ問題の発表となった。

 インターネットのセキュリティには、まだ多くの課題があり、なんらかの問題が発生することは避けられない。問題を未然に防ぐことも重要であるが、問題が発生した際に、迅速に適切な措置をとり、告知を行うことも重要である。
 総務省のサービスでは、運用開始時点に、すでにセキュリティホールがあることが公表されていた。サービス開始時点でセキュリティホールの存在を知らなかったならば、情報収集、問題発見の体制に問題があるし、知っていたとすれば利用者に対して危険性の告知を行わずにサービスを提供していたことになる。

 今回の一連の発表は、今後に大きな課題を感じさせるものとなった。



国土交通省オンライン申請システム
「オンライン申請用アプリケーション」の利用者の皆様へ
http://www.goa.mlit.go.jp/info/a_20020408_APstop.html

インターネットを利用した電子申請・届出システム(体験システム)から「体験用の専用ソフト」をダウンロードされた方へ
http://www.soumu.go.jp/alert.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×