2002年3月 ウイルス被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.22(月)

2002年3月 ウイルス被害マンスリーレポートを発表(トレンドマイクロ)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 トレンドマイクロ株式会社は、国内における2002年3月度のコンピュータウイルス感染被害報告件数マンスリーレポートを発表した。
 同レポートによると、3月の第1位は、相変わらず「WORM_BADTRANS.B」だが、被害件数は前月の1498件に比べ、770件と減少傾向にある。今回、第2位に挙がったのは、初登場のワーム型ウイルス「WORM_FBOUND.C」。3月14日に発見されたこのウイルスは、受取人のアドレスがjpドメインの場合、件名が日本語になる特徴を持つ。そのため、件名につられて添付ファイルを開いてしまったというケースが多発した。日本語件名のウイルスとしては、「VBS_VBSWG.D」が新たに発見されているが、流行は免れたとのこと。トレンドマイクロでは、今後、日本語環境を狙ったウイルスが増加すると予測し、添付ファイルを実行しないよう注意を促している。

http://www.trendmicro.co.jp/virusinfo/report/mvr020403.asp
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×