サブスクリプション更新サービスで総当たり攻撃の可能性 | ScanNetSecurity
2024.07.22(月)

サブスクリプション更新サービスで総当たり攻撃の可能性

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Bellevue Data Communications社が管理しているサブスクリプション更新プロセスが総当たり攻撃を受け、リモート攻撃者がクレジットカード番号、メールアドレスといった顧客の個人情報を入手できる可能性がある。同社

国際
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Bellevue Data Communications社が管理しているサブスクリプション更新プロセスが総当たり攻撃を受け、リモート攻撃者がクレジットカード番号、メールアドレスといった顧客の個人情報を入手できる可能性がある。同社のサブスクリプションを利用している顧客は全て影響を受ける物と思われ、攻撃者はユーザー名、メールアドレス、電子メールアドレス、クレジットカード情報、電話番号などを含む個人情報を入手できる。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【17:12 GMT、04、02、2002】

(詳しくはScan および Scan Daily EXpress 本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml
http://shop.vagabond.co.jp/m-sdx01.shtml
《ScanNetSecurity》

国際 アクセスランキング

  1. 国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

    国際手配のランサム犯 逮捕されずに世界中を旅行

  2. CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

    CrowdStrike Blog:民主党全国委員会のハッキング事件に対するCrowdStrikeの対応 ー その記録

  3. 米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

    米政府、病院 IT システムの自動パッチ適用ツールに 80 億円投入

  4. CrowdStrike Blog:CrowdScoreで組織のアラート疲れが劇的に減少

  5. 訃報「伝説のハッカー」ケビン・ミトニック氏 59歳

  6. 海外における個人情報流出事件とその対応 第179回 史上最悪の漏えい事件で国際犯罪団起訴 (1)データ不正利用で計9,400万件もの被害

  7. クラウドさん 魔法でも救世主でもなく料金も高いことが完全にバレる ~ 脱クラウドの取り組みも

  8. オープンソース開発者をパニックに陥れた EUサイバーレジリエンス法 最終決定

  9. FBI「ハーバード大の 20 歳が、期末試験を避けるため Tor を介して大学へ爆弾脅迫メールを送信した」~匿名ネットワークツールの利用は大学のネットワークのログで暴かれたとの主張(The Register)

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×