【修正】米エキサイトのウェブメールはアカウントの乗っ取りが可能 | ScanNetSecurity
2021.06.24(木)

【修正】米エキサイトのウェブメールはアカウントの乗っ取りが可能

3月27日に掲載しました下記記事に関し、一部 誤解を招きかねないような表現がありましたので、下記の通り補足説明させて頂きます。

国際 海外情報
3月27日に掲載しました下記記事に関し、一部 誤解を招きかねないような表現がありましたので、下記の通り補足説明させて頂きます。

当該記事で問題となっているのは、米国 Excite Network社のウェブベースメールです。
これは日本のエキサイト(株)が運営するエキサイトメールとは全く別のものです。尚、エキサイト(株)に確認しましたところ、当該記事にあるようなアカウント乗っ取りの問題は、検証の結果、同社のエキサイトメールには存在しないとのことです。 (なお、記事中の社名は全て「米エキサイト」と修正してあります)


 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米エキサイトネットワーク社のウェブベースの電子メールは、ユーザーセッションの承認に特有のURLを使用するため、米エキサイトのユーザーが電子メールに記載されてある外部サイトへのリンクをクリックすると、参照しているURLに承認情報が含まれる。これを利用することで、ユーザーの承認情報を入手し正規ユーザーの米エキサイトウェブメールアカウントへのログイン、乗っ取りが可能になる。攻撃者は、ユーザーへのHTML形式の電子メールに画像を配置するだけでHTTPヘッダーの参照者フィールドから簡単にURLを取得できる。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【14:40 GMT、03、26、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×