リモートアクセスアプリケーションの存在で米軍が混乱 | ScanNetSecurity
2021.06.18(金)

リモートアクセスアプリケーションの存在で米軍が混乱

◆概要:  2002年3月18日付Newsbyteのレポートによると、米陸軍・海軍のコンピューターで、Binary Research International社製のリモートアクセスツールが発見されため、その発信元を発見するために米軍は同社に連絡したようである。

国際 海外情報
◆概要:
 2002年3月18日付Newsbyteのレポートによると、米陸軍・海軍のコンピューターで、Binary Research International社製のリモートアクセスツールが発見されため、その発信元を発見するために米軍は同社に連絡したようである。

 Binary Research International社が開発したRemotelyAnywhereが、米国防省のコンピューターで最近発見された。RemotelyAnywhereを悪用すると、リモートユーザーはサーバーベースのソフトウェアをホストしている攻撃対象のコンピューターにアクセスすることができる。また、このアプリケーションには、乗っ取ったコンピューターにおいて、TCPポート2000と2001(デフォルト設定)を介してリモート攻撃者/管理者からのコマンドを受信することができる、リスニング機能が搭載されている。

 RemotelyAnywhereは、システム管理者の権限がないとMicrosoft Windows NT、2000、XPの各OSにインストールできないため、軍関係者はこの事態を非常に重く見ている。RemotelyAnywhereアプリケーション自体は、コンピューターをリモートで管理するための正当なソフトウェアであるため、アンチウイルス製品は検知されない。

 米軍の2002年3月13日付メモでは「これは恐ろしく重大な事態になった」と書かれている。

◆情報ソース:
・ NewsBytes ( http://www.computeruser.com/news/02/03/18/news1.html ),March18, 2002

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【21:42 GMT、03、20、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×