1024ビット暗号で解読される可能性を専門家が表明 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

1024ビット暗号で解読される可能性を専門家が表明

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、1024ビット信号が解読される可能性を一部の暗号専門家が表明しているとのこと。1024ビットRSA暗号解読装置は既成の技術で構築でき、10億米ドル以下で構築可能なこのようなデバイスは数分間で1024ビットの鍵を解読でき

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、1024ビット信号が解読される可能性を一部の暗号専門家が表明しているとのこと。1024ビットRSA暗号解読装置は既成の技術で構築でき、10億米ドル以下で構築可能なこのようなデバイスは数分間で1024ビットの鍵を解読できるという。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【19:21 GMT、03、26、2002】

さらに詳細の内容をご希望の方は scan@vagabond.ne.jp にお問い合わせ下さい。(有償配布になります)

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×