【日々変化するセキュリティの「常識」YES/NOクイズ】 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.15(金)

【日々変化するセキュリティの「常識」YES/NOクイズ】

特集 特集

(ダイヤモンド・セキュリティ・レビューとの合同企画)
http://www.vagabond.co.jp/c2/dsr/

 日々、新しい製品や概念が生まれ、いとまなく変化と膨張を続けるインターネットの世界。当然、セキュリティ分野においても、昨日まで「常識」であったことが、ある日を境に「非常識」になる、といったことは日常茶飯事であり、企業においてシステム管理する側にとっては、その都度の社内通達を余儀なくされていることだろう。
 そこで編集部では、あえて浸透率の高い日常的なツールやシステムにスポットを当て、YES/NO の二択クイズ形式にしてみた。 今週は、先週に引き続いて正解発表、その理由、集計した回答の正解率を明らかにしたい。


今週のテーマは「Internet Explorer 」と「 Outlook Express 」
解答および正解集計結果・その2


 日本語の件名(subject)が表示されたメールを利用して送られてくるウイルス「Fbound」の被害が相次いでいる。
 これは、くだんのOutlook Expressのプレビュー機能を突いたものではなく、添付ファイルを開いて初めて感染する類のものである。にも関わらず被害が拡大しているのは、「日本語の件名」という、いわば「人間が持つ“常識の落とし穴”」を突いているからだ。こんな日本語件名のウイルスメールはあるはずない、仕事の案件だったら急を要するかもしれないから開かなきゃetcetc。 
 流行するウイルスは、単にシステムやプログラムの落とし穴のみならず、こういった“常識の落とし穴”をも狙ってくる。「ついつい開いて被害は甚大」という結果に陥らないために、正しい知識、常識、大前提を身につけ、効率的に情報を仕入れておく必要があるだろう。
 今回は、以前出題した「Internet Explorer 」と「 Outlook Express」クイズのうち、設問6から設問10について言及しよう。


【設問6】
『パスワードを盗まれないために、でたらめな文字列を設定した』

■ 正 解:YES
■ 正解率:52%

 正解はYES。 正解率が低くなってしまったのは、「でたらめ」という言葉の捉え方がさまざまであったためと推測する。この場で、少々誤解を招く表現であったことをお詫びしたい。
 この場でいう「でたらめ」とは、パスワード設定入力時に自ら目をつぶってキーを叩くといった「でたらめ」ではなく、単語として認識されていない、という意味での「でたらめ」である。

 覚えられないほど複雑なパスワードは逆に使うときに困るが、単語として成立していない程度でも、充分効果はある。そこで例として、こんなパスワードの作り方を紹介しよう。
 フリーメールのパスワードを作るとき、たとえば「メ(m)ールは(h)フ(f)リーで(d)無(m)料が(g)い(i)いね(n)」の頭文字を取って、「mhfdmgin」。これを大文字小文字を混ぜたり、似た記号や数字に置き換えて「m8Fdmg1N」にすれば、そう簡単に予想することは困難である。自分ならではの法則性に従いつつ、一見するとランダムな文字列に見える――それが望ましい姿といえよう。


【設問7】
『安心してインターネットを利用するなら、最新版の Internet Explorer を使えば良い』

■ 正 解:NO
■ 正解率:91.1%


 最新版だからといって安心はできない。特に、最新版で新しく搭載された機能を悪用する攻撃も存在するので、しっかり注意することが大事だ。最新の Internet Explorer を使いながら情報に耳を傾けつつ、Windows Update を定期的に行なうことが望ましい。


注)当クイズの正解は、2002年3月19日時点でのものです。


 次週は、「Internet Explorer 」と「 Outlook Express 」についての
 新たな設問を発表します。

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://shop.vagabond.co.jp/m-ssw01.shtml

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

    ここが変だよ日本のセキュリティ 第31回「中二病全開!アンチ・アンチ・オーディット作戦発動!!」

  2. グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

    グローバルで活躍するプロフェッショナル - EYのサイバーセキュリティ部隊に仕事とキャリアを聞く

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. [数字でわかるサイバーセキュリティ] 2018年度政府サイバーセキュリティ予算、大規模予算施策一覧

  5. ここが変だよ日本のセキュリティ 第30回「ダメンズ・オーディット! 上場企業なら避けて通れない監査対応に監査感激!」

  6. [セキュリティホットトピック] まるで海外アングラサイト? 中学生がフリマアプリでウイルス売買し書類送検

  7. [セキュリティホットトピック] 金融機関情報を狙う「DreamBot」「Gozi・Ursnif」、国内でまた活発化

  8. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第11回「五十四歳」

  9. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第10回「面会依頼」

  10. スマホが標的のフィッシング詐欺「スミッシング」とは、現状と対策(アンラボ)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×