ニュージャージー州東オレンジ警察が犯罪調査にRSA SecurIDとRSA Keonを活用(米RSA Security) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.05.25(金)

ニュージャージー州東オレンジ警察が犯罪調査にRSA SecurIDとRSA Keonを活用(米RSA Security)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

 米RSA Security社は、ニュージャージー州東オレンジ警察(EOPD)がRSASecurIDとRSA Keonを採用し、犯罪調査や逮捕ファイル、犯罪者記録へのアクセス時の機密保持に活用すると発表した。EOPDでは、警察官にRSA SecurIDトークンやRSA SecurIDスマートカードを配布。PCへのログオンやEOPDネットワークでの認証を始め、現場の警察官がFBIの犯罪データベースにモバイル・データ・ターミナルからアクセスする際や立ち入りが厳重なビルのアクセスの際に自分自身を証明するのに使用させる。現場から直接データベースにアクセスして採取した指紋などを調査できることで、犯罪捜査のスピードと精度が向上する。

http://www.rsasecurity.com/japan/news/data/200202251.html

<本記事はセキュリティニュースからの転載です>
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×