米国で複数の団体が分散コンピューティングに難色 | ScanNetSecurity
2023.01.29(日)

米国で複数の団体が分散コンピューティングに難色

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、分散型コンピューティングとその危険性に関する不安が拡大しているとのこと。米国内の一部の公共機関および企業では不正アクセスによる被害を懸念し、職員や従業員が分散コンピューティングを利用したコンピュータの

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、分散型コンピューティングとその危険性に関する不安が拡大しているとのこと。米国内の一部の公共機関および企業では不正アクセスによる被害を懸念し、職員や従業員が分散コンピューティングを利用したコンピュータの利用を制限している。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【21:06 GMT、02、22、2002】

さらに詳細の内容をご希望の方は scan@vagabond.ne.jp にお問い合わせ下さい。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×