Windows Media Playerにプライバシーの問題が浮上 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.19(金)

Windows Media Playerにプライバシーの問題が浮上

国際 海外情報

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、Windows Media Player(WMP)8に、特定のユーザーが再生しているメディアを特定できる可能性が発見された。ユーザーがメディアの再生を開始すると、プレイヤーはマイクロソフト社のサーバーにクエリーと、リクエストを送信しているプレイヤーを識別するCookieを送信するというもの。ユーザーがWMPニュースレターを受け取るためにサインアップすると、別のCookieがユーザーの電子メールアドレスを含むリクエストと一緒に送信されるため、これら2つのクッキーを組み合わせ、誰が何を見ているのかという情報を収集するのではないかと懸念している。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【22:11 GMT、02、21、2002】

(詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×