【無料ツールで作るセキュアな環境(54)】〜 PuTTY 2〜 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.24(日)

【無料ツールで作るセキュアな環境(54)】〜 PuTTY 2〜

特集 特集

 前回Windows用クライアントPuTTYを紹介した。そこでPuTTYの短所として日本語が使えないことを述べたが、非常にタイミングのよいことに、2月11日に「PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ」[1]が公開された。今回はこれを紹介する。

 「PuTTY で ISO 2022 による日本語入力・表示を可能にするパッチ」はPuTTYでISO 2022 による日本語入力および表示を可能にする非公式パッチとして、Hideki EIRAKU氏が開発・公開している。ISO 2022 に準拠したエンコーディング法である日本語 EUC なども使える。

 非公式パッチということと、初期版を公開して日が浅いことからか、このパッチについてのライセンスは付記されていないが、Hideaki EIRAKU氏のページからダウンロードして使用することはフリーだと解されるべきだろう。

 また現在細かいバージョン表記などもないようだ。バージョン表示をさせるとオリジナルのPuTTYのバージョン0.52に日本語化したことを表す-kj、あるいは-jpが付けられているだけである。

 最初期版については、UTF-8がサポートされていない環境であるWindows 95ではうまく使えないとの報告[2]がなされていたが、早速2月19日(※)にUTF-8 の変換に Win32 API を使わないように変更した新しいバージョンが公開されている。この新しいバージョンのソースには「putty/iso2022.c Tue Feb 19 12:32:56 2002」と記されている。

 パッチのソースやドキュメント類がまとめられたputtykjpatch.zipのダウンロードは

http://www.linkcounter.com/go.php?linkid=224427

パッチを当てたPuTTYの実行ファイル等がまとめられたputtykjbin.zipのダウンロードは

http://www.linkcounter.com/go.php?linkid=224426

から行える。ダウンロード数をチェックするためにlinkcounterを通したURLが指定されているが、このためにNetscapeでダウンロードする場合には、保存ダイアログでファイル名を改めて指定しなければならない。この場合.zipの拡張子のついた任意のファイル名にしておいて問題はない。

 puttyjpatch.zipにはオリジナルのputty.exeに日本語機能を付加するためのパッチであるputtykj.patch、起動時のデフォルトの設定がEUC-JPを使う日本語環境用にするためのputtyjp.patch、および説明のためのreadme.htmlの3ファイルが含まれている。

office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://hp.vector.co.jp/authors/VA024651/#PuTTYkj_top
[2] http://www.st.ryukoku.ac.jp/~kjm/security/ml-archive/connect24h/2002.02/msg00337.html


詳しくはScan本誌をご覧ください
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×