米国会計検査院が財務省のコンピュータの脆弱性をレポート | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.17(水)

米国会計検査院が財務省のコンピュータの脆弱性をレポート

 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国会計検査院は財務省財務管理局のコンピュータの脆弱性に関する報告書を発表したとのこと。報告書には「コンピュータ管理の61点の脆弱性のうち35点を修正または改善」とあり、依然として多くの脆弱性を残したまま

国際 海外情報
 アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、米国会計検査院は財務省財務管理局のコンピュータの脆弱性に関する報告書を発表したとのこと。報告書には「コンピュータ管理の61点の脆弱性のうち35点を修正または改善」とあり、依然として多くの脆弱性を残したままであるという。

※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです。
 【20:40 GMT、02、07、2002】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★
★~(=^・ω・^)ノ☆★11月30日まで  Scan PREMIUM 20周年特別半額キャンペーンを実施中 ★★

創刊 20 周年の感謝と御礼をこめ、通常年間 23,333 円(税抜) で提供されるScan PREMIUM ライセンスを、半額以下である 9,900 円(税抜)で 提供するキャンペーンを、11 月末日まで実施します。

×