NASAのコンピュータに侵入したハッカーに21ヶ月の禁固刑(ロサンゼルス地方裁判所) | ScanNetSecurity
2021.10.21(木)

NASAのコンピュータに侵入したハッカーに21ヶ月の禁固刑(ロサンゼルス地方裁判所)

 ロサンゼルス地方裁判所のDean D. Pregerson 判事は2月4日、NASA、オレゴン州立大学そしてインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のコンピュータに不正侵入したカリフォルニア在住のJason Allen Diekman 容疑者(20歳)に禁固21ヶ月の刑を言い渡し、損害賠償金と

国際 海外情報
 ロサンゼルス地方裁判所のDean D. Pregerson 判事は2月4日、NASA、オレゴン州立大学そしてインターネット・サービス・プロバイダ(ISP)のコンピュータに不正侵入したカリフォルニア在住のJason Allen Diekman 容疑者(20歳)に禁固21ヶ月の刑を言い渡し、損害賠償金としておよそ8万8000ドルの支払いを命じた。

 米検事局が公開した資料によると、Diekman 容疑者は“シャドー・ナイト”または“ダーク・ロード”のニックネームで何百、おそらく何千というコンピュータ・ネットワークに不正侵入した。同容疑者は2000年11月に有罪を認め、NASAのコンピュータ・ネットワークやStanford 大学などに侵入し、1万7000ドルの損失をもたらしたことを自供した。またFBIの調査で、同容疑者が不正侵入した大学のネットワークからユーザ名やクレジットカード情報を窃取し、コンピュータ機器などの購入にそのカード情報を不正使用したことが明らかになった。その被害額は、約6000ドルだった。

 同容疑者は保釈金を払って仮釈放されたが、最初の判決が下されるまでの間に再度、ハッキングを行った。2001年初頭、同容疑者はオレゴン州立大学のネットワークに33回侵入し、IRC チャンネルの制御権を奪取したのだ。また、昨年(2001年)9月には、San JoseのISP、Bay Area Internet Solutions 社に侵入し、データベースの制御権を奪いパスワードやユーザ名を不正に入手したことを認めた。

[翻訳:関谷 麻美]

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×