【無料ツールで作るセキュアな環境(52)】〜 TTSSH 〜(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.09.20(水)

【無料ツールで作るセキュアな環境(52)】〜 TTSSH 〜(執筆:office)

特集 特集

 前回まで11回にわたってOpenSSHについて解説してきた。OpenSSHにはCygwin版が存在し、Windows上でOpenSSHのほぼ全機能を使うことができる。しかしSSHのクライアント機能のためだけにCygwinをインストールするのは少々かさ高い場合もあるだろう。そこで、手軽で便利なWindows用SSHクライアント、TTSSH日本語版[1]について今回説明する。

 TTSSH日本語版は、Windows用のTelnetクライアント/端末エミュレータであるTera Term Pro[2]のTera Term eXtension (TTX)機能を利用し、SSHクライアントとして使えるようにするTTSSH[3]の日本語版である。これらのソフトウェアについて順に説明していこう。

 Tera Term Proは、寺西高氏によって1994年から開発されてきたフリーソフトウェアのターミナルエミュレーター(通信ソフト)であり、Windows用の
Telnetクライアント/端末エミュレータとして定番中の定番である。VT100 エミュレーション, telnet 接続, シリアルポート接続(パソコン通信) などに使用することができる。

 動作環境はWindows 95、NT 3.51, NT 4.0となっているが、Windows 98, ME,2000, XPでも問題なく動作する。商用、非商用などの条件にかかわらず自由に使用することができ、無料、かつオリジナルのままであれば配布も自由である。

 執筆時点の最新版はver. 2.3で、このリリースは1998/3/10である。これは開発が止まっているというわけではなく、このソフトウェアには不具合がなく、既にほぼ完成されているからである。

インストールは、
http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/ttermp23.zip

をダウンロードして、これを適当な作業ディレクトリで解凍する。出てきたファイル類のうちのSetup.exeをダブルクリックするなどして起動すればインストール作業が始まる。最初に言語選択があるのでJapneseを選択する。
Continueボタンを押しながら作業を進める。キーボードの選択をし、インストール先のディレクトリを選択すればインストールは完了する。

 Tera Term Proで問題なく日本語を扱うことはできるが、メニュー、ダイアログボックスやメッセージなどは英語である。これを日本語化したものを、安藤弦彦氏が公開している[4]。ライセンスの内容はTera Term Proと同等である。

http://www.sakurachan.org/teraterm-j/files/ttrmp2315j.zip

をダウンロードして、適当なディレクトリで解凍する。出てきたファイル類全てをTera Term Proをインストールしたディレクトリ(C:Program Files
TTERMPRO 等)に上書きしてやるだけでよい。

 TTSSHは、Robert O'Callahanによって1998年から開発されている、Tera
Term Proの拡張用DLLとして実装されたフリーのSSHクライアントである。TeraTerm Pro と同じ環境で動作する。ライセンスはBSDライセンスである。

 執筆時点での最新版はver. 1.5.4で次のような特徴がある。プロトコルとしてSSH1が使用でき、通信の暗号方式として3DES, Blowfish, DESが利用できる。
サーバの認証方式としてssh_known_hostsデータベースが、認証方式としてパスワード、RSA、rhosts、rhosts + RSA、TIS challenge/responseの各方式が利用可能である。そのほかデータ圧縮をサポートし、完全なX接続の転送を含めた、Port転送をサポートしている。

office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://www.sakurachan.org/teraterm-j/ttssh/
[2] http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/
[3] http://www.zip.com.au/~roca/ttssh.html
[4] http://www.sakurachan.org/teraterm-j/


(詳しくはScan本誌をご覧ください)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

特集 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

    マンガで実感 !! サイバーセキュリティ 第1話「静かなる目撃者」

  2. Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

    Heart of Darknet - インターネット闇の奥 第2回「五十兆円『市場』」

  3. クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

    クラウドセキュリティ認証「ISO 27017」「ISO 27018」の違いとは? ~クラウドのよさを活かす認証コンサル LRM 社 幸松 哲也 社長に聞く

  4. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン6 「誤算」 第1回「プロローグ:七月十日 夕方 犯人」

  5. 工藤伸治のセキュリティ事件簿 シーズン 7 「アリバイの通信密室」 第1回 「プロローグ:身代金再び」

  6. ISMS認証とは何か■第1回■

  7. [セキュリティ ホットトピック] 起動領域を破壊し PC を完全にロックするランサムウェア「Petya亜種」

  8. ここが変だよ日本のセキュリティ 第29回「大事な人。忘れちゃダメな人。忘れたくなかった人。誰、誰……君の名前は……セキュリティ人材!」

  9. [セキュリティホットトピック] サイバー攻撃に対して備えるべき機能・組織・文書など、総務省が「防御モデル」として策定

  10. Man in the Browser と Man in the Middle 攻撃(CA Security Reminder)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×