フロッピーに自身をコピーし、ファイルを削除するワーム、Hunch | ScanNetSecurity
2020.11.28(土)

フロッピーに自身をコピーし、ファイルを削除するワーム、Hunch

 フロッピーディスクを媒介とし感染を広げる新種ワームHunchが発見された。アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、このワームはAutoexec.batなどにフォーマットの記述を行うなど、破壊活動を行うため、十分な注意が必要である。また、Outlookのアドレス帳に

国際 海外情報
 フロッピーディスクを媒介とし感染を広げる新種ワームHunchが発見された。アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、このワームはAutoexec.batなどにフォーマットの記述を行うなど、破壊活動を行うため、十分な注意が必要である。また、Outlookのアドレス帳に対しメールを送信するため、感染力も高い。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:47 GMT、01、29、2002】


詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×