フロッピーに自身をコピーし、ファイルを削除するワーム、Hunch | ScanNetSecurity
2021.07.25(日)

フロッピーに自身をコピーし、ファイルを削除するワーム、Hunch

 フロッピーディスクを媒介とし感染を広げる新種ワームHunchが発見された。アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、このワームはAutoexec.batなどにフォーマットの記述を行うなど、破壊活動を行うため、十分な注意が必要である。また、Outlookのアドレス帳に

国際 海外情報
 フロッピーディスクを媒介とし感染を広げる新種ワームHunchが発見された。アイ・ディフェンス・ジャパンからの情報によると、このワームはAutoexec.batなどにフォーマットの記述を行うなど、破壊活動を行うため、十分な注意が必要である。また、Outlookのアドレス帳に対しメールを送信するため、感染力も高い。


※この情報はアイ・ディフェンス・ジャパン
 ( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。
 情報の内容は以下の時点におけるものです
 【19:47 GMT、01、29、2002】


詳しくはScan Daily EXpressおよびScan 本誌をご覧下さい)
http://vagabond.co.jp/vv/m-sdex.htm
http://vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×