セキュリティホール情報<2001/12/14> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

セキュリティホール情報<2001/12/14>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<UNIX共通>
▼ login-
 login に root 権限が奪取可能な問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=915

 System V から派生した login 実装 (/bin/login) が原因で、バッファオーバーフローが存在します。攻撃者はリモートから rlogin や telnet を利用して root 権限を奪取し、任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 ISS X-Force Database /bin/login buffer overflow
http://xforce.iss.net/static/7284.php

 CERT Advisory
 CA-2001-34 Buffer Overflow in System V Derived Login
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-34.html

▼ wu-ftpd
 wu-ftpd に任意のコードが実行可能な問題 [更新]
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=890

 wu-ftpd が使用する ”file globbing” の扱い方が原因で、適切にヒープ領域を扱えない弱点が存在します。攻撃者はこの弱点を利用して、リモートから任意のコードを実行することが可能となります。

□ 関連情報:

 Red Hat Linux Errata Advisory
 RHSA-2001:157-06 Updated wu-ftpd packages are available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-157.html

 SuSE Security Announcement 2001/11/30 追加
 SuSE-SA:2001:043 wuftpd

 Caldera International, Inc. Security Advisory 2001/11/30 追加
 CSSA-2001-041.0 Linux - Vulnerability in wu-ftpd
http://www.caldera.com/support/security/advisories/CSSA-2001-041.0.txt

 CERT Advisory 2001/11/30 追加
 CA-2001-33 Multiple Vulnerabilities in WU-FTPD
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-33.html

 WU-FTPD 2001/12/02 追加
 WU-FTPD Development Group
http://www.wu-ftpd.org/

 CIAC 2001/12/02 追加
 M-023: Multiple Vendor wu-ftdp File Globbing Heap Corruption Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-023.shtml

 MandrakeSoft Security Advisory 2001/12/04 追加
 MDKSA-2001:090 wu-ftpd
http://www.linux-mandrake.com/en/security/2001/MDKSA-2001-090.php3?dis=8.1

 Debian GNU/Linux ─ Security Information 2001/12/04 追加
 DSA-087-1 wu-ftpd
http://www.debian.org/security/2001/dsa-087

 FreeBSD Security Advisory 2001/12/13 追加
 FreeBSD-SA-01:64 wu-ftpd
ftp://ftp.freebsd.org/pub/FreeBSD/CERT/advisories/FreeBSD-SA-01:64.wu-ftpd.asc

▼ fml
 fml に cross-site scripting の問題
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=916

 メーリングリストパッケージである fml には入力されたデータを適切にチェックをしていないことが原因で Cross-Site Scripting の問題が存在します。攻撃者はリモートからこの弱点を利用して、様々な攻撃を行うことが可能となります。

□ 関連情報:

 Debian GNU/Linux ─ Security Information
 SA-088-1 improper character escaping in fml
http://www.debian.org/security/2001/dsa-088


<VineLinux>
▽ openssh
 opensshのセキュリティホールにより、UserLoginを有効にしている場合、鍵認証をしたユーザが環境変数をログイン プロセスに渡す事ができる。これにより、スーパーユーザ権限でコードが実行できる。

http://www.vinelinux.org/errata/2x/20011213.html


<その他の製品>
▽ Websphere
 IBM 社の Websphere には、ルートパスワードがテキスト形式で保存されているため、ルート権限で実行されるjavaコードなどから読み取ることができる脆弱性。

 BUGTRAQ
 IBM WebSphere on UNIX security alert !
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0112/99.html

▽ ルータ全般
 ルータに Hot Standby Router Protocol (HSRP) には、DOS攻撃を可能にする脆弱性があります。

 CERT Hot Standby Router Protocol (HSRP) uses weak authentication
http://www.kb.cert.org/vuls/id/228186

▽ ZoneAlarm
 デフォルトのMicrosoft stack以外のプロトコルスタックをスルーしてしまう問題。これにより、デフォルト以外のプロトコル・アダプターを用い、パケットを生成するトロイの木馬などが使用できる。

 SecuriTeam.com
 Flawed Outbound Packet Filtering in Various Personal Firewalls
http://www.securiteam.com/securitynews/6V00E0K3FQ.html

▽ HP OpenView Network Node Manager
 特定の条件下で、悪意のあるユーザに許可されていない権限を奪取される可能性がある。

http://www.ipa.go.jp/security/

http://archives.neohapsis.com/archives/hp/2001-q4/0062.html


<リリース情報>
▽ Kondara MNU/Linux
 Kondara MNU/Linux 2.1(Asumi)の正式版が公開された。
http://www.kondara.org/asumi.release.html


<セキュリティトピックス>
▼ 警告・注意情報
 M-026: OpenSSH UseLogin Privilege Elevation Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-026.shtml

▼ 警告・注意情報
 CA-2001-34 Buffer Overflow in System V Derived Login
http://www.cert.org/advisories/CA-2001-34.html


【詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?m-sc_sdx
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×