セキュリティ・サービス部門を新設(IBM 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

セキュリティ・サービス部門を新設(IBM 社)

国際 海外情報

 IBM 社は11月19日、企業や政府に幅広いサービスを提供するため、既存のサービス事業『IBM Global Services』内にセキュリティ、安全性確保そしてプライバシーに焦点を絞ったサービス部門『IBM Global Services Safety and Security Practice 』を開設すると発表した。同部門のゼネラル・マネージャに任命されたRusine Mitchell-Sinclair 氏は、「顧客が企業の優先課題としてセキュリティや安全性確保、プライバシーを考慮するようになったため、セキュリティに特化した新部門の開設が必須となった」とし、100人の研究者の他に3000人以上のIBM コンサルタントが新部門で勤務する予定だと説明した。不正侵入検知、バイオメトリクス技術、脆弱性の査定など様々なセキュリティサービスを提供するという。

 また、同社はセキュリティ関連サービスの監督や助言を行うオフィス『Global Security Solutions Office 』を開設する予定であると発表した。新オフィスの責任者には、Elizabeth Primrose-Smith 氏が任命される。同氏は「国際的な法律問題や社会問題が毎日のように発生する現代社会において、顧客は政治および社会情勢問題に関する助言を求めている。Global Security Solutions Office は、セキュリティ技術やトレンド、ソリューションに関し地球規模で調整や協調関係を築く中心的な役割を担うだろう」と述べた。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×