アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集中(警察庁、総務省、経済産業省) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.23(金)

アクセス制御機能に関する技術の研究開発情報を募集中(警察庁、総務省、経済産業省)

製品・サービス・業界動向 業界動向

 警察庁、総務省、経済産業省の3省庁は、「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」(不正アクセス禁止法)に基づいてアクセス制御機能に関する技術の研究開発の状況を公表するが、現在、その公表資料に掲載するためのアクセス制御機能に関する研究開発情報を募集している。募集しているアクセス制御技術は、ファイアウォール技術、侵入検知技術、その他の認証技術の3種類で、すべて電子的なアクセス制御に関するものであり、物理的なセキュリティ対策等は含まない。また、研究開発途中のものではなく、既に完成し実際に活用されているもの及び活用が可能なものに限るとしている。応募様式などはサイトに掲載されている。締切は12月14日(必着)。公表は平成14年2月上旬の予定。

http://www.npa.go.jp/hightech/accesscontrol/boshuu/access.htm
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×