【無料ツールで作るセキュアな環境(42)】〜OpenSSH 2〜(執筆:office) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

【無料ツールで作るセキュアな環境(42)】〜OpenSSH 2〜(執筆:office)

 前回はOpenSSHの概要とインストール方法について駆け足で紹介した。今回はまず前回説明できなかっったことについていくつか補足しておきたい。

特集 特集
 前回はOpenSSHの概要とインストール方法について駆け足で紹介した。今回はまず前回説明できなかっったことについていくつか補足しておきたい。

 Windows用のOpenSSHについて前回Cygwinのインストールを説明したが、Cygwin版を元にしたWindows用OpenSSHを簡単にインストールできるツールとして、Network SimplicityからOpenSSH on Windowsが公開されている[1]。ただし、Cygwin版のバイナリとは実装が異なるらしく、Windows9xやMEにはインストールできない。またインストールした場合のディレクトリ構造はUnix用OpenSSHや元のCygwin版などとは全く異なる。

 本原稿執筆時点ではOpenSSH 2.9.9p2-1対応のものが、
http://www.majorfamily.net/downloads/files/openssh29.zip

などからダウンロードできる。このファイルを解凍してでてくるSetup.exeを起動するだけで、簡単にWindows用のOpenSSHのサーバ、クライアントおよびscp,sftpなどのクライアント用ツールがインストールされる。

 また、サーバの設定をGUIで行うことができるSimpleConfigや、どのユーザが最後にどこからloginしたか記録したlastlogをデコードするLastlog Analyzer、ローカルやリモートにあるsshに関するイベントをスキャン、レポートするEventManager、ユーザ管理用のツールなど計6つのユーティリティがまとめられた追加パッケージも利用できる。追加パッケージは

http://www.networksimplicity.com/openssh/addonpack.zip

からダウンロードでき、解凍して起動するだけで、これらのツールが追加される。

 もう一つ、SSHにはSSH1とSSH2の2つのプロトコル(通信方式)があることについて説明しておきたい。SSH2の方が新しいプロトコルであるため、サポートされている認証方式が異なる。SSH1では、認証方式としてRSA、RhostsRSA、Rhosts、Password、S/Keyなどが使用でき、SSH2ではRSAやDSAを用いたPublicKey、Password、Hostbased、S/KeyやPamを用いたKeyboardInteractiveの各方式が使用できる。またSSH2はSSH1に比べて暗号化のオプションが充実している。このため、SSH2の方が、SS1に比べてより安全な運用が可能であり、SSH2が今後の主流のプロトコルとなると考えられている。る。

 しかし、現状ではクライアントツールの中にはSSH1しかサポートしていないものも多く、またSSH2をサポートしているツールにはツール単体での日本語の使用に難があったりする。

office
office@ukky.net
http://www.office.ac/

[1] http://www.networksimplicity.com/openssh/

(詳しくはScan本誌をご覧ください)
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×