認定技術資格者向けサイトに脆弱性が発見される(Microsoft 社) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.18(水)

認定技術資格者向けサイトに脆弱性が発見される(Microsoft 社)

国際 海外情報

 Microsoft 社のセキュリティ問題が物議を醸している昨今、同社認定技術資格者(Microsoft Certified Professional:MCP)向けサイトのユーザID 登録機能に新たな脆弱性がまた発見された。その脆弱性を利用すると、たとえMCP取得者本人でなくてもユーザIDを取得することができ、その人物のMCPサイトにログインできる。

 新規ユーザIDを生成するには、試験に合格した者だけが取得できるMCP番号と姓を大文字で入力しなければならない。そして、その認証手続きを基に、NCPサイトへのアクセス用パスワードと個人用ユーザ名が生成される。ここで問題なのは、1つのMCP番号に対し1つのユーザIDという制限がないことだ。つまり、第三者が他人のMCP番号を使って新しいIDを生成し、その人物の個人情報にアクセスすることが可能ということだ。他人のMCP番号を入手するのは、比較的容易だ。何故なら、Microsoft 社は銀行の暗証番号のようにMCP番号の秘匿をユーザに勧告していないばかりか、MCP番号を記載したカードを配布しており、また多数の人々は自身の名刺にMCP番号を印刷しているという。

 同脆弱性を発見した人物(匿名希望)は、その脆弱性を使ってMCP資格を持っていると公言する上司のサイトにログインし、上司がどの試験にも合格していなかったことを突き止めた。その後、Microsoft 社に同脆弱性に関する報告をしたが、同社からのコメントはないという。セキュリティ専門家のNeil Barrett 博士は「データ保護法のもと、個人データと見なされる情報が漏洩される恐れがあり、これは明らかにセキュリティ侵害にあたる。またもや、Microsoft 社のセキュリティに対する甘さが露呈した」と厳しく非難した。
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

    SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  4. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  7. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  8. Cisco のセキュリティビジネスに市場が多大な関心を寄せる理由(The Register)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. Anonymousが幼児虐待の秘密の拠点を閉鎖~Tor小児愛者を攻撃し氏名を暴露(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×