アクセス時の本人認証にICカードを利用する汎用的なセキュリティプラットフォームサービス「セーフティパス」の提供を開始(NTTコム) | ScanNetSecurity
2020.10.24(土)

アクセス時の本人認証にICカードを利用する汎用的なセキュリティプラットフォームサービス「セーフティパス」の提供を開始(NTTコム)

 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコム)は、今後、磁気カードに代わり普及すると見られているICカードをインターネットアクセス時の本人認証に利用する汎用的なセキュリティプラットフォームサービス「セーフティパス」の提供を開始した。  同サ

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
 エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTTコム)は、今後、磁気カードに代わり普及すると見られているICカードをインターネットアクセス時の本人認証に利用する汎用的なセキュリティプラットフォームサービス「セーフティパス」の提供を開始した。
 同サービスは、同社やサービス事業者などが配布したICカードを用いてインターネットにアクセスすることで、アクセス者が会員本人であることが保証されるというもの。会員は個人情報などを登録したICカードをPCのカードリーダーに差し込み、ネット経由でNTTコムのサーバに情報を暗号化して接続することで認証などが行われる。サーバと会員の間の暗号路には、IP-VPNとして標準化されているIPSec方式を採用。また、USB接続のICカードリーダーは当面、同社が申し込み会員に対して配布する。認証・決済機能のみを提供するサービスもあり、この場合は会員が利用するICカードは当該企業が発行することが可能。また、ICカードよりも簡易な「IDキーホルダサービス」というものもある。

http://www.ntt.com/NEWS_RELEASE/2001NEWS/0010/1004.html
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×