「Osama対ブッシュ」いたずら電子メールが蔓延 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

「Osama対ブッシュ」いたずら電子メールが蔓延

国際 海外情報

概要:
 ブッシュ大統領とウサマ・ビンラディンとの対立から名を取った「ウサマ対ブッシュ」(Osama vs. Bush)とうウィルスに関する電子メールが出回っているが、これは「いたずらメール」である。そのような名称のウィルスは存在しない。メールは、"Osama vs. Bush"ウィルスについて説明し、そのメールを受け取った者に対し、同メールをアドレス帳の全員に転送することを勧めている。本メールの内容は、下記の通り:

Hi All,
Be Careful.

There's a new virus which was found recently which will erase the whole 'C' drive. If u get a mail with the subject "Osama Vs Bush", please delete that mail right away. Otherwise it will erase the whole C drive.

As soon as you open it, it asks "will this war affect the world economy?". If you click on any button, your system will be shut down and will never boot again. It already caused a major damage in the US, INDIA and few other parts of the world.

The remedy for this has not yet been discovered. So please forward this mail to as many people as possible and let everybody be aware of this. I checked it on McAfee's Hoax list and the above is not a hoax.

<要約>
 みなさん、注意して下さい。
 Cドライブ全体を削除してしまう新たなウィルスが発見されました。「ウサマ対ブッシュ」という題名のメールを受け取った場合、すぐ削除して下さい。そうでないと、Cドライブが全部削除されてしまいます。
 メールを開くと「この戦争は、世界経済に影響を与えるだろうか?」というメッセージが表示されます。表示されたどれかのボタンをクリックした場合、システムはシャットダウンし、再起動しません。本ウィルスは、アメリカ、インド及びそれ以外数箇所の世界各地で多大な被害を及ぼしております。
 本ウィルスの対策はまだ出てません。よって、このメールをできるだけ多くの人に転送して下さい。本件について、マカフィー社の「いたずらメールリスト」をチェックしましたが、このウィルスはいたずらではありません。

情報ソース:
Network Associates Inc./McAfee.com (http://vil.nai.com/villib/dispvirus.asp?virus_k=99253), Nov. 08, 2001

分析:
このメールはいたずらである。この種のメールは、ユーザーが疑わずにそのままメッセージを転送することによって拡大してしまう。その結果、通信量が激増し、メールサーバーの機能が低下する恐れがある。このようなメールを受け取った場合、転送しないで、直ちに削除する必要がある。


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【13:12 GMT、11、9、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×