ニューヨーク・タイムズが DoS攻撃を受ける | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

ニューヨーク・タイムズが DoS攻撃を受ける

編集部注:  この記事は、【16:48 GMT、10、31、2001】に配信されたものです。  その後、DoS攻撃ではなく、Nimda の亜種である Nimda-E によるものとの説もでています。

国際 海外情報
編集部注:
 この記事は、【16:48 GMT、10、31、2001】に配信されたものです。
 その後、DoS攻撃ではなく、Nimda の亜種である Nimda-E によるものとの説もでています。

概要:
 メディアの報告によると、ニューヨークタイムズ紙のインターネット接続が、2001年10月31日に、大規模なサービス妨害 (DoS) 攻撃を受けたとのこと。攻撃の影響は、数時間にも及んだという。同社のネットワーク管理者、テリー・シュワドロン氏から社員あてに出されたメールによると、事件は悪意のある攻撃だったかどうかは確認できていないものの、「それを否定できる説明もなさそう」 とのこと。

 ニューヨークタイムズ紙のスポークスマンによると、同社の関係者は、まだ問題の原因を突き止めていないとのこと。尚、この問題では、同社のウェブサイトは影響を受けておらず、一部社員のインターネット接続のみに影響がでたようだ。

情報ソース:
Reuters Oct. 31, 2001
http://news.zdnet.co.uk/story/0,,t269-s2098360,00.html
AP Online, Oct. 31, 2001

分析:
 この DoS攻撃が、9月11日のテロ事件に関連している、あるいはニューヨークタイムズ紙自身が2件の被害を受けている炭疽菌騒動に関連しているという証拠は、今のところない。しかしながら、今回のDoS攻撃のタイミングは、非常に不審だ。また、攻撃がウェブサイトでなく、社内のインターネット接続に対するものであったことが、若干不安を高める。他の原因が見つからない限り、この事件はサイバーテロの例であるかもしれないし、あるいは社内からのインサイダー攻撃であるかもしれない。


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【16:48 GMT、10、31、2001】

《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×