GOVNET要請について議論するために政府と産業の代表間で会議が開催 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

GOVNET要請について議論するために政府と産業の代表間で会議が開催

概要:  ホワイトハウスと米国政府一般調達局(GSA)の代表は、政府機関同士の通信に利用するセキュア・イントラネット、”GovNet”の情報要求 (Request for Information)を協議するため、ワシントンDCで会議を開いた (10/15/01付 ID#105867参照)。会議は、トム・リッジ

国際 海外情報
概要:
 ホワイトハウスと米国政府一般調達局(GSA)の代表は、政府機関同士の通信に利用するセキュア・イントラネット、”GovNet”の情報要求 (Request for Information)を協議するため、ワシントンDCで会議を開いた (10/15/01付 ID#105867参照)。会議は、トム・リッジ氏率いる米国土安全保障局の、サイバースペース安全保障担当特別補佐官リチャード・クラーク氏が議長を務めた。クラーク氏は、会議に集まった数100人のIT専門家に対し、GovNetのようなセキュア・イントラネットをどう設計・導入・維持するかについて、民間セクターの助言と見識が必要だと述べた。クラーク氏によると「政府は可能な限りセキュアなイントラネット、つまり納税者が 100%安全だと確信できる、インターネット接続するルーターと分離されたネットワークを構築したい」。

情報ソース:
iDEFENSE 情報局 (商務省会館にて上記会議に出席), Oct. 24, 2001

分析:
 クラーク氏によると、このようなネットワーク構想は、9月11日テロ事件より数ヶ月前から計画されていたようだ。しかし、本計画はテロ事件の結果、前倒しを余儀なくされた。また、過去には、幾つかの政府機関が、サイバー攻撃に対する米国の準備体制に懸念を示している (3/23/01付 ID#103025)。

 クラーク氏の発言からもわかるように、政府がセキュア・イントラネットの最適な構築方法を知らないことは明らかである。また、キーになるのは、このようなプロジェクトに対し、米政府予算がまだ承認や配分されていないことだ。今回の情報要求は、GovNet構築費用を算出するに当たり、米国土安全保障局を支援するためのものだと考えられる。現段階では、多くの米政府期間が GovNetサービスの一部をリースすることを望んでいるようである。しかし、各政府機関のどの重要事業組織が、実際にそのような政府内のセキュア通信を必要とするのか、あるいは、各政府機関の予算の合計が、GovNetの構築費用をオフセットできるかは、まだ不明確である。


(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただいております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【12:11 GMT、10、25、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×