IPAがクロスサイトスクリプティングに関する警告を掲載 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

IPAがクロスサイトスクリプティングに関する警告を掲載

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

 多くの web サイトに、潜在的に存在するクロスサイトスクリプティングの脆弱性レポートが、産業技術総合研究所 高木 浩光 氏らの調査によって明らかになっている。
 IPAは、その危険性を重大と考え、紹介と警告を行うする文章を掲載した。

Webサイトにおけるクロスサイトスクリプティング脆弱性に関する情報
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/20011023css.html

「クロスサイトスクリプティング攻撃に対する電子商取引サイトの脆弱さの実
態とその対策」
http://securit.etl.go.jp/research/paper/css2001-takagi-dist.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×