IPAがクロスサイトスクリプティングに関する警告を掲載 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

IPAがクロスサイトスクリプティングに関する警告を掲載

 多くの web サイトに、潜在的に存在するクロスサイトスクリプティングの脆弱性レポートが、産業技術総合研究所 高木 浩光 氏らの調査によって明らかになっている。  IPAは、その危険性を重大と考え、紹介と警告を行うする文章を掲載した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
 多くの web サイトに、潜在的に存在するクロスサイトスクリプティングの脆弱性レポートが、産業技術総合研究所 高木 浩光 氏らの調査によって明らかになっている。
 IPAは、その危険性を重大と考え、紹介と警告を行うする文章を掲載した。

Webサイトにおけるクロスサイトスクリプティング脆弱性に関する情報
http://www.ipa.go.jp/security/ciadr/20011023css.html

「クロスサイトスクリプティング攻撃に対する電子商取引サイトの脆弱さの実
態とその対策」
http://securit.etl.go.jp/research/paper/css2001-takagi-dist.pdf
《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×