重要なファイルを削除する可能性があるKirayワームがOutlookを使い拡散中 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.23(月)

重要なファイルを削除する可能性があるKirayワームがOutlookを使い拡散中

国際 海外情報

概要:
 Kirayワームはマイクロソフト社のOutlookを媒体に繁殖し、拡散に失敗するとフォルダの中のコンテンツを削除する。ワーム自体は電子メールの添付ファイルとして以下の内容のテキストを伴って届く。

Subject : Make peace not war
Message: The Lamers and Idiots Game
Attachment: Kiray.exe

 ワームの.exeファイルは、Shockwave Flashアニメーションのアイコン形式をしており、ワンクリックで実行される仕掛けになっているのでユーザが誤って開いてしまう可能性がある。ワームのプログラムが実行されるとOutlookのアドレス帳に載っているアドレスにワームを送り付け繁殖していく。次にワームはウインドウズのレジストリ内に.exeファイルが起動する度に繁殖するようプログラムが書き換えられる。もし、Kirayワームが繁殖・拡散が出来ない状況、あるいは失敗すると下記のフォルダ内のファイルを全て削除する。

・Windows
・WindowsSystem
・Program FilesMicrosoft Office
・Program FilesInternet Explorer

別名: I-Worm.Kiray、W95/Kiray

情報ソース:
F-Secure Corp. Oct. 22, 2001
http://www.data-fellows.com/v-descs/kiray.shtml

分析:
 Kirayワームは破壊的で、繁殖の際にメールサーバーを詰まらせる。上記メッセージを伴ってメールを受け取ったら添付ファイルを開けずにメールを削除すること。もし、感染の恐れがある場合はヘルプデスク又はシステム管理者に即座に報告する事。


検知方法:
 KIRAY.exeのファイルがあれば感染している。

リカバリー方法:
 最新のアンチウイルスソフトであればKirayワームは識別・駆除できるはずである。手動でワームを削除するためには、ウィルスによって登録されたファイルを削除する。Regeditを使ってウインドウズ・レジストリから次のキーを取り除く。

HKCRexefileshellopencommand

 ワームがフォルダー内のファイルを削除している可能性があるのでクリーンバックアップから該当フォルダのファイルを再インストールする。

暫定処置:
 ネットワーク管理者は、ゲートウエイかファイアウォールでKiray.exeを含んでいる電子メールメッセージを排除する事で、このワームを予め識別排除する事ができ、ユーザが誤ってワームを含んでいる電子メールの添付ファイルを開ける事を未然に防げる。

ベンダー情報:
 F-Secure社からKirayウイルスの最新版定義ファイルが入手できる。その他のアンチウイルスのユーテリティもこの悪意のコードを推測検知するであろう。

(詳しくはScan本誌をご覧下さい)
http://www.vagabond.co.jp/vv/m-sc.htm

※この情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供いただい
ております。情報の内容は以下の時点におけるものです
【19:00 GMT、10、22、2001】


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

国際 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

    搾取される底辺サイバー犯罪者、無料配付トロイにはバックドア(The Register)

  2. セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

    セキュリティ人材の慢性不足、海外の取り組みは(The Register)

  3. WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

    WPA2の新たな脆弱性への攻撃KRACK、暗号化技術の根底にある欠陥(The Register)

  4. SMSによる二要素認証が招くSOS(The Register)

  5. 「Tor 禁止令」を解く Facebook、暗号化の onion アクセスポイントを宣伝~これからは暗号化通信も完全に OK(The Register)

  6. フィッシング詐欺支援サービスの価格表(The Register)

  7. iCloudからの女優のプライベート画像流出事件、容疑者がフィッシングの罪を大筋で認める

  8. Mac OS X のシングルユーザモードの root アクセス(2)

  9. AWS 設定ミスでウォールストリートジャーナル購読者情報他 220 万件流出(The Register)

  10. 「過激派の」Tails や Tor を使っている? おめでとう、あなたは NSA のリストに載っている~Linux 情報サイトの読者や、プライバシーに関心を持つネット市民が標的にされているとの報告(The Register)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×