セキュリティホール情報<2001/10/19> | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.10.17(火)

セキュリティホール情報<2001/10/19>

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性

<Microsoft>
▽ terminal servers
WindowsNT、2000 のterminal servers に、DOS攻撃を可能にする脆弱性。

 Invalid RDP Data can Cause Terminal Service Failure
http://www.microsoft.com/technet/treeview/default.asp?url=/technet/security/bulletin/MS01-052.asp


<HP-UX>
▽ telnetd
 HP9000 Servers running HP-UX releases 10.X の telnetd に、侵入者が任意のコードを実行できるバッファオーバーフローの脆弱性。

 M-006: HP-UX telnetd Security Vulnerability
http://www.ciac.org/ciac/bulletins/m-006.shtml


<Linux>
▽ Debian
 Debian が複数の脆弱性と対処方法を掲載した。

 DSA-080-1 htdig: unauthorized gathering of data
http://www.debian.org/security/2001/dsa-080

 DSA-081-1 w3m: Buffer Overflow
http://www.debian.org/security/2001/dsa-081

 DSA-082-1 xvt: Buffer Overflow
http://www.debian.org/security/2001/dsa-082

 DSA-083-1 procmail: insecure signal handling
http://www.debian.org/security/2001/dsa-083

 DSA-084-1 gftp: Information Retrieval
http://www.debian.org/security/2001/dsa-084


<Macintosh>
▽ MacOS X
 MacOS X に、複数の深刻な脆弱性。5ステップでルートを奪取する方法や以前FIXされたはずのJava runtime (J2SE) の脆弱性がその後のバージョンで確認されたり、ルートを簡単に奪取できる脆弱性が発見されるなどの問題が発生している。

 BUGTRAQ
 Mac OS X v10.0.x J2SE v1.3 clipboard tapping vulnerability
(TAKAGI, Hiromitsu)
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0110/89.html

 日々是、加工業
 Mac OS X setuid root security hole
http://homepage.mac.com/vm_converter/200110_diary.html#20011018_setuid_root


<その他の製品>
▼ Novell GroupWise
 Novell GroupWise にセキュリティホール
http://sid.softek.co.jp/loPrint.html?vg=1&htmlid=821

 この弱点は、システム上の全てのファイルを読み取ることができます。Webacc は、通常ルートディレクトリ ("/") からテンプレートにアクセスしますが servlet はディレクトリ パスをそのまま引き継ぐため、任意のファイルを読み取ることが可能です。

□ 関連情報:

 FoundStone
http://www.foundstone.com/

 Novell
http://www.novell.com/

▽ Eudora、ARENA
 メーラーのEudoraとARENAに、APOP を使用して接続する際に、APOP非対応のサーバに対して、自動的にPOPに切り替えて接続してしまう問題点。

http://homepage.mac.com/vm_converter/diary.html20011009_mailer_and_apop_add

▽ Oracle9iAS Web Cache
 Oracle9iAS Web Cache に、バッファオーバーランとバッファオーバーフローの脆弱性。この脆弱性を利用して、DOS攻撃、不正なコードの実行が可能である。

 Defcom Labs Advisory def-2001-30
 Oracle9iAS Web Cache/2.0.0.1.0 Multiple DoS and Buffer Overflow
http://msgs.securepoint.com/cgi-bin/get/bugtraq0110/98.html


<セキュリティトピックス>
▽ 情報、警告
 炭疽菌事件と同様な事件がサイバーでも発生する可能性
http://www.idefense.co.jp/security011016(105892).html

▽ ウイルス情報
 ワームAntraxは、生物化学兵器の炭疽菌に関する情報として伝播
http://www.idefense.co.jp/security011017(105898).html

▽ ウイルス情報
 Nimdaウイルスの新種が韓国で発見される
http://www.idefense.co.jp/security011016(105875).html

▽ リリース情報
 ノベル社は、GroupWiseのディレクトリ・トラバーサル問題にパッチを発行
http://www.idefense.co.jp/security011012(105886).html

※上記4点の情報はiDEFENSE社( http://www.idefense.co.jp/ )より提供い
ただいております。

▽ リリース情報
 RedHat がkernel 2.2 パッケージをリリース。
 New kernel 2.2 packages are available
http://www.redhat.com/support/errata/RHSA-2001-130.html



【詳細な情報サービスのお申し込みはこちら
http://www.vagabond.co.jp/cgi-bin/order/mpid01.cgi?m-sc_sdx


《ScanNetSecurity》

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

    OSSに潜在する訴訟・脆弱性リスク

  2. 「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

    「JP1/秘文」で作成した自己復号型機密ファイルに、DLL読込に関する脆弱性(HIRT)

  3. 「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

    「DLL読み込み」の脆弱性の公表件数が急増、対策方法を紹介(IPA)

  4. Apache Struts 2 において REST プラグインでの XML データ処理の不備により遠隔から任意のコードが実行可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  5. Apache Tomcat において値検証不備により JSP ファイルがアップロード可能となる脆弱性(Scan Tech Report)

  6. 10月10日に「Office 2007」の延長サポートが終了、しかし40万台が今も利用(トレンドマイクロ)

  7. マイクロソフトが10月のセキュリティ更新プログラムを公開、すでに悪用も(IPA)

  8. Apache Tomcatにおける、任意のファイルをアップロードされる脆弱性を検証(NTTデータ先端技術)

  9. インシデントは「スキャン」が半数、フィッシングサイト報告件数は千件超え(JPCERT/CC)

  10. 偽の警告文を表示する詐欺サイトが急増、警察庁を装い罰金を要求するケースも(キヤノンITS)

全カテゴリランキング

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×